潜入者【映画感想・ネタバレなし】麻薬組織撲滅に人生を捧げた男の闘い

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは
今回は巨大な麻薬組織撲滅の為に
命懸けの潜入捜査を行なった男の物語
「潜入者」を紹介します。




あらすじ

画像1
出典元:https://eiga.com/movie/85312/gallery/

コロンビアの麻薬王「パブロ・エスコバル」の組織を壊滅する為に
アメリカ政府は麻薬捜査官「ロバート・メイザー」達を組織に潜入させる事に。

しかしエスコバルの潜入捜査は想像以上に過酷なものであり、
メイザー達は次第に追い詰められていく・・・

感想

画像2
出典元:https://eiga.com/movie/85312/gallery/2/

最大の麻薬組織を殲滅させる為に
たった数人で組織の中枢に潜入する
緊張感は本当に凄かった。

特にトラブルを起こして
正体がばれかけた時なんて
生きた心地がしなかったよ・・・

実話を基にした映画だから
組織の恐ろしさや
捜査官の苦悩などもリアルなんだよね・・・

という事は劇中であった裏切り者の粛正や
組織に脅されるシーンとかも本当にあったのだろうか?

とにかく組織で生きる過酷さを
これでもかと描ききった
恐ろしい映画だった。

捜査官の苦悩を描いた作品でもある

画像4
出典元:https://eiga.com/movie/85312/gallery/4/

ただ組織と共に過ごしていくうちに
「メイザー」を信頼する
組織の組員を裏切る事に
罪悪感を覚えるようになってくるんだよね・・・

中にはメイザーの事を親友のように
良くしてくれる人も現れるようになる。

犯罪者だけど彼らも同じ人間。
メンバーを裏切った時にみせた
組員の「絶望」と「怒り」が混ざったような表情は
本当に辛かったな・・・

蝕まれていく家族との生活

画像3
出典元:https://eiga.com/movie/85312/gallery/3/

しかし組織に潜入するという事は
家族に危険が及ぶ可能性も大きくなってしまう。

血まみれの小包を
家族の家に届けられる。

妻との結婚記念日での食事で
組織のメンバーと鉢合わせる。

食事のテーブルで
麻薬売って、人殺してる男と
妻が一緒になっているなんて
夫からしたら
恐怖を通り越して失神ものだ。

組織と闘う一方で
家族との幸せな時間も
奪われていってしまう。

「潜入者」はこうした
組織に潜入する捜査官の恐ろしさを
丁寧に描かいている。

評価

「映画潜入者Amazon」の画像検索結果

オススメ度:★★★★★

組織との駆け引きや窮地に立たされた時の
緊張感は凄まじく
ホラーとは違った
怖さを楽しめる映画となっている。

捜査官やメンバーの心情
組織の恐ろしい慣習
死となり合わせの中で行なわれる駆け引き

本当に素晴らしいサスペンス映画だった。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.