漫画タイトルの決め方のコツとは?売れやすいタイトルも考えてみた

2018/07/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

よく書店の漫画本を見ると

「どうやったらこんなタイトル思い付くんだろう・・・」

なんて漫画タイトル見かけませんか?

 

でも読んでいる人はあまり意識しないので気付きにくいですが、

タイトル決めって結構難しかったりします。

そこで今回は漫画のタイトルの決め方について見ていきましょう。

 

どうやって作ってるのか?

また決め方にはどんなコツがあるのだろうか?

中々興味深いですね!!

 




漫画タイトルを決める方法

漫画のタイトルを決める方法は様々です。

ここではその中でも有名な付け方を紹介していきます。

 

テーマをタイトルにする

「デスノート」や「スラムダンク」など

漫画のメインテーマをそのままタイトルにしていく方法です

スポーツ漫画だと特に顕著に見られるますね。

 

最近ではラノベでもこのようなタイトルが多く見られるようになりました。

俺妹(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)とかですね。

この場合はテーマというよりは

内容をそのままタイトルにしていますが・・・(ーー;)

 

主人公の名前を使う

これは結構多いですね。

「ナルト」「ドラえもん」「サザエさん」などもこの方法が使われています。

 

しかしこうして見るとヒットしている漫画って

結構名前を使ったタイトルが多いですね。

 

やはり漫画の主人公がタイトルだと覚えやすいし

印象に残りやすいからでしょうか?

 

あえて意味不明なタイトルにする

理解出来ないタイトルで興味を持ってもらう方法もあります。

例えば「ボーボボ」や「デュラララ!!」などですね。

 

意味不明なタイトルを見るとつい気になって調べてしまうので

印象付けには良いかもしれませんね。

 

「ん」が付くと売れる・・・?

これはただの都市伝説なのですが、

タイトルに「ん」が付くと売れるという噂があります。

「ドラゴンボール」「ドラえもん」「ワンピース」「サザエさん」

 

有名な漫画には結構「ん」が付いています・・・

もしかすると「ん」には

何か強い力が秘められているのかもしれませんね・・・

 

1番オススメな決め方は?

今回は様々なタイトルの決め方を紹介していきました。

しかしどの決め方にすればいいのか迷ってしまう方もいると思います。

そこでここでは個人的にオススメするタイトルの決め方について紹介します。

 

分かりやすいタイトルがオススメ

個人的には人目見ただけで

どんな漫画なのか分かりやすいタイトルがオススメです。

 

今回紹介した決め方で例えると「テーマをタイトルにする」ですね。

最近では漫画は山のように販売されるようになりました。

言い返せば読者は沢山の漫画を楽しめるようになったと言うことです。

 

しかしここで問題が生じます

「どの漫画を買えばいいのだろう・・・」

漫画が増えたのは良いことですが、

あまりに数が多いのでどれを読めば良いか分からない

なんて事ありませんか?

 

では読者は何を基準に買えばいいのか?

そこで基準になるのがタイトルなのではないかと思っています。

 

例えば先程紹介した「スラムダンク」

このタイトルを見た人の大半はバスク漫画だと分かるはずです。

「なるほど!これはスポーツ漫画なのか!!」

これが分かればスポーツ漫画好きが購入してくれる確率は格段にあがります。

 

あとは「進撃の巨人」とかも分かりやすいですよね。

タイトルで巨人がテーマである事は容易に想像出来ます。

さらに表紙絵でバトル漫画だとも分かりますね。

 

人間は分からないものに対しては恐怖や不信感を抱く生き物です。

これは漫画でも同じ事が言えるのではないでしょうか?

 

内容が分からない漫画を購入するよりは

テーマがイメージ出来る漫画の方が良い。

 

このような読者に分かりやすい

フレンドリーなタイトルが今の時代必要なのではないでしょうか?

 

もちろんこれは私の考えなので

絶対に正しいという訳ではありません。

 

ですがタイトル1つでここまで考えさせられるとは

漫画というのは本当に奥が深いですね(笑)

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.