誰でもない女【映画感想・ネタバレなし】国の犠牲となった女の苦悩を描いた悲劇

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは
今回はとある女スパイの悲劇を描いた物語
「誰でもない女」を紹介します。




あらすじ

出生後、母親から引き離されて
旧東ドイツの施設で育った「カトリーネ」は
成人後に何とか逃亡に成功させ
母親との再会を果たす。

その後は母親、夫、娘とその子供の5人で平和に暮らしていた。
しかしベルリンの壁が崩壊した1990年。

彼女達の元にドイツ兵の子供を産んだ
ノルウェー人の女性を迫害したノルウェー政府に訴訟を起こすため
弁護士の「スベン」が
「カトリーネ」と母親の証言を求めやってくる。

しかしその直後、「カトリーネ」は不審な行動を取り始める。

感想

後半からかなり胸の苦しくなる映画だった。


前半の夫婦のイチャイチャぶりには
少し辟易としたけど
家族がどれだけ愛し合っているかを表現したかったのだろうか?

にしても少しくどいかなと思った。

ただ後半の展開を考えると仕方が無かったのかもしれないが・・・


あと自分のように歴史に疎い人間には結構キツいかも・・・(歴史ものなので当然だが)

まず冷戦の内容を把握していないと
彼女が何の為に、何をやっているのかが全く理解出来なくなり
ひたすら「カトリーネ」のぶらり旅を見せつけられる事になる。

とは言っても東独とかノルウェーの事情を軽くさらっておくだけで
内容は理解出来るから
そこまで身構える必要はないと思う。


本作はドイツの人口増加政策
「レーベンスボルン計画」によって
ドイツ人ナチ党員男性とノルウェー人女性の間に生まれた
子供とその母親(ノルウェー人女性)の差別をテーマにしている。

ドイツ降伏後
ノルウェー政府はドイツ人と交わった女性を「敵対協力者」として
収容施設へと送り、子供達も迫害される事になった。

「カトリーネ」もその1人で
戦後はドイツに連れ去れて
母親と離れ離れになってしまう。

「誰でもない女」は
「レーベンスボルン計画」 によって生まれた
子供とその母親の数奇な運命を描いた物語である。

表現はそこまで過激ではない

タイトル画像を見ても分かる通り
この映画はサスペンスではあるが
暴力的な表現は控えめである。

(ただ戦争という題材を扱っているので
少し過激なシーンもあるが・・・)

かなり心にくる映画

この映画を一言でまとめると
「主人公があまりにも不遇過ぎる作品」だろうか?

とにかくこの映画の主人公は報われない。

まぁ「カトリーネ」にも報われないなりの理由はあるのだが
映画なんだから少しくらい
救いがあってもよかったのではないかと思う。

家族が一致団結して「ハッピーエンド」
という映画を期待している人には
あまりオススメ出来ないかも・・・

評価

誰でもない女 [DVD]

オススメ度:★★★★☆

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.