映画マイアミ・バイス【ネタバレ・感想】結局何も解決してないよね・・?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

皆さんこんにちは。

今回は麻薬組織へと潜入する
2人の捜査官を描いた物語。
「マイアミ・バイス」を紹介します。

 




あらすじ

マイアミの刑事「ソニー」と「リコ」は
FBI捜査官「フジマ」にとある捜査を依頼される。

それは麻薬組織と接触して
共同特別捜査チームの中で
情報漏洩を行なっている者を
探し出すというものだった・・・

 

ネタバレ

運び屋として
麻薬組織との接触に成功した「ソニー」と「リコ」。

しかし2人が気にくわない
組織の中間マネージャー「イエロ」は
部下を使い運び屋の同業者として潜入していた
仲閒の捜査官を誘拐。

人質でおびきだし
2人を始末しようとする。

何とか救出に成功した2人だったが
ここで新たな問題が発生する。

「ソニー」が
組織の経理でありボスの愛人「イザベラ」と
関係を持っていた事がバレてしまったのだ。

これを聞いたボス「モントーヤ」は
「イザベラ」を事実上組織から追放。

「イエロ」が彼女を人質にしてしまったのだ。

指定場所に着いた2人とその仲閒は
お互いブツと金の確認を行なう。

その間に
別の捜査官が近くに潜伏しているスナイパーを探し出して、
射殺に成功。

これがキッカケとなり
組織と捜査官達との銃撃戦が始る。

イエロを含むメンバーを射殺した「ソニー」達。
だが「イザベラ」は彼が組織に潜入した捜査官である事に気づき
動揺してしまった。

特別な感情を抱いていた「ソニー」は
「イザベラ」を遠い場所へ逃がす事を決意。

最後は彼女を船に乗せ
悲しげな表情でお互い見つめ合っていた。

 

感想

つまらなくはないけど
面白い所を聞かれると返答に困る。

そんな映画だったな。

潜入して
ドンパチやって
敵を倒す。

最近ではこういった
犯罪組織と捜査官を題材にした作品が多いので
印象が薄かったのかもしれないな。

ボスはどこへ・・・?

不満があるとすれば
物語がやや消化不良だった所かな?

「マイアミ・バイス」ではボスも登場しているけど
「イエロ」が倒された後の消息については
一切描写されていなかった。

捕まったのか?
それとも逃げたのか?

口頭でもいいから
その辺りはハッキリさせて欲しかったな・・・。

それと共同捜査チームにいた「裏切り者」
についても、もう少し掘り下げて欲しかった。

「リコ」が仕掛けた罠のおかげで
FBIが情報を流していた事が分かったけど
誰が流したか?までは言及されなかったからね。

「実は仲閒に裏切り者がいた!!」
なんて展開だったらもっと楽しめたかもしれないのに・・・

まとめ

オススメ度:★★★☆☆

 

麻薬組織との闘いを描いていた映画「マイアミ・バイス」

目新しい部分が無かったので
イマイチ印象に残らなかったかな。

ただつまらない訳ではないから
暇つぶしにちょうど良いかも・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.