グッバイ・ラバー【ネタバレ】愛と欲望にまみれた恋人達の奮闘記

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは
今回は保険金殺人を企てる夫婦を描いた物語
「グッバイ・ラバー」を紹介します。

 




あらすじ

不動産ブローカーのサンドラとその夫ジェイクは
彼の兄ベンを事故に見せかけて殺し
保険金を手に入れようと画策する。

サンドラの巧な誘導により
ベンの保険金を手に入れる2人だったが
そこで思わぬ誤算が生じる事に・・・

 

ネタバレ

車を運転するサンドラ。
聖堂に向かった彼女は
そこでオルガンを演奏するベンに会う。

互いに見つめ合い
その場で愛し合う2人。
サンドラとベンは浮気していたのだ。

ベンとサンドラの夫ジェイクは
同じ会社に勤務していた。

だがアルコール中毒寸前のジェイクは
まともに勤務せず
周囲は困り果てていた。

ジェイクとサンドラの家庭も崩壊寸前。
ベンとの浮気にさらに拍車がかかることに・・・。

しかしベンはサンドラとの愛に満足していなかった。
「本物の愛が欲しい」
気がつけばそんな事を考えるようになっていた。

どうしてもベンを自分のモノにしたいサンドラは
何度も誘惑する。
だが彼は振り向かなかった。

それどころか
ベンは同僚と関係を持つようになっていたのだ。

そしてさらに状況は悪化する。
ジェイクが妻の浮気に気がついたのだ。

ショックで自殺を図ろうとするジェイク。
ベンの行ないをバラしてから命を絶とうとするジェイク。
追い詰められたベンは
彼を殺す事を決意する。

だがこれは全て夫婦が仕組んだ罠だった。
今までの行動はベン事故死させて
保険金を奪い取る為の演技だったのだ。


計画通りベンを事故に見せかけて
マンションから突き落とす2人。

偽装殺人は成功したかと思えた。
だが担当刑事は信じていなかった。

さらにベンと関係を持っていた同僚「ブレイン」が
数日前に結婚したと証言した為
事態は混乱を極めた。

このままでは遺産が奪われてしまう。
恐れた夫婦はブレインも殺害することを計画する。

世間では薬物を用いる殺人鬼「ドクター」が話題になっていた。
夫婦はそれに目を付けたのだ。

知人に模倣犯を依頼して
ブレイン殺害の実行を指示する夫婦。

だがその数日後、ジェイクは再び知人の元を訪れて
妻のサンドラの殺害を依頼する。

何とブレインとジェイクはデキていたのだ。

この事実を知ったサンドラは激怒して
2人が乗っているバイクを車で轢き
崖から突き落としてしまう。

そんな中女刑事は
ベンとブレインが結婚したという
式場を訪れていた。

2人が結婚した写真を見せて貰うと
そこには衝撃の瞬間が収められていた。

そこに写っていたのは
ベンに扮したジェイクとブレインだった。

ジェイクは初めからサンドラを裏切るつもりで
ブレインも保険金目当てでベンに近づいていたのだ。

 

グッバイ・ラバーのラスト

 
事件の全貌に気付いた女刑事は
サンドラの元を訪れる。

拳銃を抜き
サンドラを拘束して
真実を語り出す刑事。

そして彼女はサンドラに
とんでもない提案をふっかけた。

刑事はサンドラの罪を黙認する代わりに
保険金の山分けを要求したのだ。


やむを得なく了承するサンドラ。

女刑事は気分よさげにエレベーターに乗り込むが
そこで怪しげな男とすれ違う。

それはジェイクが妻の殺害を依頼した男だった。

知人は実行する前の予行演習として
無関係の女性を殺害していた。

その犯行現場の写真に写っていた事から
女刑事は男の正体に気付き
何とかサンドラを救助。

そして1年後
手続きを済まして保険金を手に入れた
女刑事とサンドラ。

ゴージャスな買い物に服装。

彼女達は高級車に乗り
颯爽と町中を去っていくのだった・・・

まとめ

グッバイ・ラバー [DVD]

 

①ジェイクとサンドラは兄のベンを殺し保険金を手に入れようとする。

②だがジェイクは同僚の女とデキており
邪魔なサンドラを殺そうとする。

③これに逆上したサンドラが2人を殺害

④四事件の真実をネタにして
女刑事がゆすってくる。

⑤保険金を山分けにして
ゴージャスな生活を送る。

 

ロクな登場人物がいない映画だったな。
まさか登場人物が全員悪人だったとは・・・

特にジェイクの演技には見事に騙された。

あらすじはネタバレではなく
視聴者を騙すための罠だったという事だ。

見ている人を楽しませようという
制作の意気込みが凄く伝わってくる作品だな。

そこまで有名じゃなかったから
あまり期待していなかったけど
普通に楽しめる映画だった。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.