【フィッシュマンの涙・ネタバレ】映画のラストを680文字にまとめてみた

2019/05/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -




物語の要約

 

①パク・グは製薬会社の治験で上半身が魚になる。

 

②だが彼の存在を疎ましく思った製薬会社は
 嘘の情報で彼を社会的に抹殺する。

 

③パクは人間に戻る方法を見つけるが、
それを拒否して海に還る。

 

 

フィッシュマンの涙のラスト(680文字)

 

薬の副作用で魚になったパク・グ

 

新薬治験に参加したパク・グは
薬の副作用で上半身が魚になってしまった。

その奇抜な容姿は人々の心を掴み
パク・グは人々から愛される
人気者となった。

 

製薬企業の陰謀

 

パク・グの実験に使用された薬は
食料問題の突破口になり得る代物だった。

だがパクを魚人間に変えてしまった
製薬企業を非難する人々も多く
薬の開発は滞っていた。

ノーベル医学賞にもなり得る
この成果を他の国に横取りされたくない製薬企業は
パク・グが担当看護師に対してセクハラを行なっていたという
嘘をでっち上げて世間の評判を落としてしまう。

その結果、
人々はパク・グを避難するようになる。

 

利用されたピョン博士

 

パク・グを魚人間にした張本人
ピョン博士はこの新薬で飢餓問題が解決すると
思い研究に没頭していた。

その努力もあり
開発が滞っていた新薬は
何とか開発に成功した。

だがその新薬は
裕福層のみが購入出来る価格で販売されていた。
企業は金儲けのことしか考えていなかったのだ。

 

非道な製薬会社

 

一方パク・グに対する
世間の視線はさらに厳しくなり
彼はついに製薬企業に身柄の保護を求めてしまう。

だがそこで待っていたのは
非道な人体実験を受け続ける日々だった。

そんな中
博士は隠していた
ある真実をパクに告白する。

なんと博士はパク・グを人間に戻す方法を知っていたのだ。

だが研究の成果に目がくらんだ博士は
この事実を隠していたのだ。

この事実を知った国は
ピョン博士を逮捕する。

 

博士の償い

 

博士のはからいにより
死を偽装して
自由の身となったパク。

ピョン博士は
自身の行ないを謝罪して
人間に戻すことを提案する。

だがパクは人間に戻ることを否定して
海で暮らすことを博士に告げる。

こうしてパクは本物の魚となり
海に帰っていったのだ・・・。

 

ー完ー

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.