【ペット・セメタリー・ネタバレ】映画のラストを600文字にまとめてみた

2019/05/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -




物語の要約

①ルイスは隣人のジャドに死者が蘇る丘があることを教えてもらう。

 

②事故で命を落とした息子「ゲイジ」を丘に埋めて蘇らせる。

 

③怪物となったゲイジは妻やジャドを殺害してしまう。

 

④ルイスはゲイジを殺害して妻を丘に埋める。

 

⑤妻は怪物となって蘇り、ルイスを殺害してしまう。

 

ペット・セメタリーのラスト(600文字)

田舎町に引っ越してきた医者のルイスとその家族達。

 

ある日ルイスは
家の外で飼っていた猫「チャーチル」が
車に轢かれて死んでいるのを見つける。

 

家族の悲しみに同情した隣人の「ジャド」は
森の奥深くにある丘に猫を埋めるように指示する。

 

すると次の日、
死んだチャーチルが生き返ってきた。

 

不気味に感じつつも
いつも通りの生活を送るルイス。
だが今度は息子の「ゲイジ」が車に轢かれて死んでしまう。

 

最愛の息子を失い悲しむルイス。
そんな時、死者を蘇らせる丘を思い出した彼は
そこにゲイジを埋めてしまった。

 

蘇るゲイジ

ゲイジは蘇った。

 

だがそこにいたのは
息子ではない何かだった。

 

ルイスのメスを盗み
「ジャド」や妻の「レイチェル」を殺してしまう「ゲイジ」

 

「それ」が自分の息子ではないことに気付いたルイスは
薬物でゲイジの命を終わらせようとする。

 

ジャドの家に踏み込み
ゲイジに薬物を投与するルイス。

 

こうしてゲイジは再び
眠りについてしまう。

 

取り憑かれたルイス

 

その後、
家に火を放ちレイチェルと共に
再びあの丘を目指す。

 

「ゲイジの時は待ちすぎた」
「だがレイチェルはうまくいく」

 

追い詰められたルイスは
呪われた大地に妻を埋める。

 

その後、
ルイスの元に顔半分の肉がそぎ落ちた
レイチェルが現れた。

 

再会を喜んだルイスは
彼女を抱きしめる。

だがレイチェルは手元の包丁で
ルイスを殺してしまった。

 

蘇った彼女もレイチェルではなかったのだ・・・

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.