【saw2・解説】虹の彼方の意味と物語の時系列について

2019/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 




虹の彼方の意味は?

 

「虹の彼方」は金庫の番号を示す重要な手がかりだ。

監禁された8人のうなじに
番号が書かれていたことを覚えているだろうか?

実はあの「番号」と「虹」を組み合わせることで
金庫の番号が分かる仕組みになっている。

そして番号にはそれぞれ色が振り分けられていた。

つまり虹色の順番に従って
色のついた番号を入力すればいいのだ。

これが「番号は頭脳に隠されている」
「その順番は虹の彼方にみつかるだろう」の意味だ。

 

 

時系列(ダニエルのゲーム開始~エリック監禁まで)

 

①アマンダがオビを使い参加者を誘拐

 

②ゲーム開始

 

③アマンダとダニエルが生き残る

 

④終了後ダニエルを金庫に閉じ込める

 

⑤アマンダはゲームが行なわれたバスルームで待機

 

⑥警察がジグソウのアジトに突入

 

⑦数時間前に録画したダニエルのゲーム映像を警察に見せる

 

⑧ジグソウの誘導によりエリックがバスルームに突入

 

⑨ダニエルがアジトの金庫で発見される

 

⑩アマンダがエリックを拘束、バスルームに監禁する

 

【saw2】映画ネタバレ記事へ戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.