【saw6・解説】アマンダの手紙とジョンの遺産の中身について

2019/04/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 




【saw6・解説】アマンダの手紙の内容

「ジョンに流産の真相を知られたくなければ
リンを撃ち殺せ」

これが手紙に書かれていた内容だった。

 

実はアマンダとセシル(saw4参照)は仲閒だった。

さらにアマンダは
ジルが流産した夜、
セシルに病院での強盗を
強要させていたのだ。

つまりアマンダこそが
ジルを流産させるキッカケを作った
張本人だったのだ。

ジョンに真相を知られることを
恐れたアマンダは
やむを得ずリンを射殺。

その結果、ジョゼに撃たれて
死亡したのだ。

ジョンは流産の真実を知っていた?

ジョンは流産の真実を知っていたのだろうか?

考えられる可能性は2つある。

 

  • 「崇拝するジョンの子供を殺したことがバラされる」
    そんな状況でも感情に流されないか
    ジョンにテストされていた。

 

  • ホフマンが手紙をすり替えて
    流産の件でアマンダを脅し
    リンを殺すように仕向けさせた。

 

残念ながらこの謎は
本編では明かされていない。
だがジョンの性格を考えると
流産を知っていた可能性が高いだろう。

 

【saw6・解説】ジョンの遺産の中身は?

 

  • 6枚の封筒
  • ヘッドギア(saw1でアマンダに使われた装置)
  • ビデオテープ

これが箱の中に入っていたものだ。

 

6枚の封筒:

5枚の封筒には
今回行なわれたゲームの
参加者の資料。

そして6枚目の封筒には
ホフマンの写真が入っていた。

つまりこの封筒は
ジョンが残した
ターゲットリストだったのだ。

だが6枚目の封筒を
ホフマンに渡すことは出来ない。

だからジルは6枚目の封筒を隠したのだ。

 

ヘッドギア:

ホフマンのゲーム(処刑)に
使用されたもの

 

ビデオテープ:

ジルによって
何者かの郵便受けに入れられた
ビデオテープ。

宛先や内容は一切明かされていない。
この謎は「sawザファイナル」で明かされる。

 

 【saw6】ネタバレまとめ記事へ戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.