【マシニスト解説】トレバーは病気?アイバンって結局何だったの?

2019/04/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -




この記事の要約

 

  • アイバンやマリアはトレバーが生み出した妄想だった。

 

  • 1:30で止まっていた空港の時計や
    冷蔵庫の張り紙は
    トレヴァーが罪を犯したことを比喩していた

 

解説

 

アイバンの正体は?

アイバンの正体は
トレバーの罪の意識から生まれた
架空の人物だ。

トレバーは1年前に子供を
ひき逃げした過去があった。

だがやがてトレバーは
子供を轢いた罪悪感で
精神を蝕まれるように
なっていったのだ。

そんな時
罪の意識から逃れる為に
作り上げた人物が「アイバン」だった。

本来自分が写っているはずだった
レイノルズとの写真に
アイバンが写っていた。

さらにアイバンの車のナンバーが
かつて自分が廃棄した
車のナンバーだった。

これはトレバーが
過去の自分を
別の人間(アイバン)とすり替えてしまった
ことによる錯覚だったのだ。

つまりトレバーは
自分の罪を
「アイバン」という架空の人物に

なすりつけようとしていたのだ。

 

マリアとニコラスも妄想だった?

実はマリアとニコラスの存在も
トレバーの妄想だった。

「ニコラス」と「マリア」は
トレバーが轢いた子供
とその母親に対する
「罪の意識」から作られた
架空の人物だったのだ。

ちなみに「ニコラス」と「マリア」は
トレバーが冒頭で読んでいた
本「白痴」の登場人物の名前を引用している。

なので

  • 遊園地
  • 空港の喫茶店でのマリアとのやりとり
  • マリアの部屋で酒を飲んだこと

これらも全て
トレバーの妄想だったのだ。

 

1:30の意味は?

マリアと空港で会話している時
なぜか時計は1時30分のまま
時間が進まなかった。

1時30分とは何なのか?

これはトレバーが
交通事故を起こした時間だ。

つまり「トレバーの時間(人生)は
交通事故を起こした1時30分から
動いていない」
ということを比喩していたのだ。

 

冷蔵庫の張り紙

自分がkiller(人殺し)である事を
伝えたり、
「お前は誰だ?」と語りかける
見覚えのない張り紙。

これはアイバン(トレバー)が
作ったものなのだろう。

ではなぜアイバン(トレバー)は
こんな張り紙を書いたのか?

理由はトレバーに
真実を伝える為だったと考えられる。

恐らくアイバンは
トレバーの良心でもあったのだろう。

トレバーに罪を自覚させる。

その為にアイバンは
トレバーに語りかけていたのかもしれない。

 

【マシニスト】映画ネタバレ記事へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.