【saw1・解説】アダムの正体が共犯者だった説を考察してみた

2019/04/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アダムはジグソウに
被験者の情報を提供する協力者だった。

だがジグソウはアダムが裏切ったと誤解して
彼を殺害してしまった。

ではなぜアダムは
裏切り者と間違われてしまったのか?

アダムの正体と併せて
紹介していきます。

※この解説は個人的な予想です。
実際の設定とは異なる場合がありますのでご注意下さい。

 




解説

 

アダムの正体

アダムはジグソウの協力者だった可能性が高い。

冒頭のシーンで
目を覚ますとアダムは
まず服を脱ぎ自分の体を確認した。

なぜこんなことをしたのだろうか?

恐らくアダムは
この状況がジグソウの仕業だと
気付いていたからではないだろうか?

自分の体を調べた。
これはアマンダのゲームを知っていたからだ。

ではなぜアダムは警察しか知らなかった
ゲームの内容を知っていたのか?

理由はアダムが何らかの形で
ジグソウと接触していたからだ。

 

アダムはジグソウの協力者?

アダムは
ジグソウゲームの
協力者だった可能性がある。

彼は他人のプライベートを盗撮して
暴き出すことで生計を立てていた。

アダムはその情報収集能力を駆使して
ゲーム参加者のプロフィールを
ジグソウに渡していたのではないだろうか?

彼がどこまで
ジグソウに協力していたかまでは
分からないが・・・

 

なぜゴードンに話さなかった?

そこまで知っているなら
なぜゴードンに話さなかったのか?

今回のゲームのルールは
アダムの殺害。

つまりゴードンがアダムを殺害することが
ゲームの目的なのだ。

さらにゴードンは家族を人質にされている。

そんな状況で
自分がジグソウの協力者だと告白したら
どうなるだろう。

恐らくゴードンは
アダムを殺してしまうだろう。

アダムは報復を恐れ
真実を話さなかったのだ。

 

アダムはジョンを知っていた?

恐らくアダムは手紙やメール、
もしくは他の協力者を通じて
ジョンと接触していたのだろう。

つまりジグソウの本当の正体には
気付いていなかったのだ。

だがゼップのテープレコーダーと
特殊メイクを剥がす
ジョンの姿を見て確信したのだ。

この男こそがジグソウなのだと・・・

 

なぜゲームに参加させられた?

そもそもゴードンのゲームには
違和感があった。

なぜアダムには救済が用意されていないのか?

実はアダムの鎖の鍵は
彼が目を覚ましたバスタブの中にあった。

だが彼が目を覚ますと同時に
排水溝の栓が抜けて
鍵は吸い込まれてしまう仕組みになっていた。

あとはノコギリで
足を切断するしか残されていない。

なぜかアダムだけ不遇な扱いを受けているのだ。

このことからジョンは
アダムを殺害することが
目的だった可能性がある。

ではなぜジョンはアダムを殺そうとしたのか?

それはアダムが
とある人物と接触していたからだ。

 

ジョンの誤解

saw1では
ジョンはタップにアジトを
突き止められた場面があった。

そこでジョンは考えた。
なぜタップにバレたのか?

そんな時、ジョンは
アダムがタップと接触していることを知った。

(ただしアダムはゴードンの正体を探る為
タップに雇われただけであり
ジグソウを裏切った訳ではない)

そんな姿を見て
ジョンはこう予想したのではないだろうか?

「アダムがタップに情報を流した」と・・・

こうして誤解したジョンは
アダムをゴードンのゲームに招き入れたのだ。

裏切り者のアダムを殺害するために・・・

 

まとめ

少し強引な解説になったかもしれない。

ただアダムが共犯ではないと考えてもな・・・

アダムの私生活でジョンが
あそこまで過酷なゲームを用意するだろうか?

どうやらアダムの正体については
まだまだ考察の余地がありそうだ・・・

 

【saw1】ネタバレまとめ記事へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.