【フィンランド式残酷ショッピングツアー】忙しい人の為の映画ネタバレサイト

2019/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」は
人肉を喰らうフィンランド人に追われる
親子の恐怖を描いた物語だ。

この記事では

  • あらすじ・感想
  • 物語の結末

など「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」
に関する情報を
手っ取り早く紹介していきます。

 




あらすじ

ロシア人の母と息子スタースは
1泊2日のフィンランドツアーに参加していた。

 

そんな時
貸し切りのショッピングモールで
買い物ができると聞いて
喜ぶスタース達。

 

だが買い物をしていると
突然ショッピングモールのシャッターが閉まり
店員が旅行客の肉を喰らい始めてしまった・・・

 

感想

 

つまらん・・・

監督は何を思って
こんな映画を作ったんだ・・・。

前半20分は
何の意味もない親子ケンカばかり。

やっと始まったと思えば
あっさりショッピングモールを脱出。

最後は食人少女を殺して
放心状態になった2人を
映してエンディング・・・。

何も解決してないし
何が言いたいのかも分からない
本当に意味不明な映画だ。

ただフィンランドの文化を
体験したいと思ってるなら
この映画を鑑賞する価値は
あるかもしれない。

あと夏至祭(人肉を食べるお祭り)の前日は
火を燃やしながら
裸で駆け回る風習もあるとか・・・

・・・監督はフィンランド人に
恨みでもあるのだろうか?

ちなみに食人行為は
脳細胞を破壊するらしいので
良い子の皆は絶対に真似しないでね。

 

物語の結末

 

フィンランド人はなぜ
人間を喰らうのか?

スタース親子に待ち受ける
色々な意味で驚愕な展開を
手短にまとめました。

【フィンランド式残酷ショッピングツアー・ラスト】映画の結末を500文字程で紹介

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.