【薔薇は死んだ・ラスト】犯人は誰?映画の結末を1000文字程度で紹介

2019/04/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
  • ロージはエルザの身勝手さに憤慨して
    エルザを殺害してしまう。

 

  • エルザを殺害したロージは
    警察に逮捕されてしまう。

 

  • カトゥはマックスから譲り受けた
    エルザのネックレスを
    エルザの遺言と偽りロージに渡す。

 

  • 牢屋の中でネックレスを身につけた
    ロージは涙を流す。

 

  • そしてカトゥは
    新しい職場を探し求める。

これが「薔薇は死んだ」の大まかなラストです。

では具体的に何が起こったのか?
ここでは「薔薇は死んだ」のストーリーを
詳しく紹介していきます。

 




薔薇は死んだのラスト

 

止まらないエルザの悪行

マックスを言葉巧みに操り
お金を搾取する。

ゲルゲイの気持ちを弄ぶ。

ロージを見下し難癖をつける。

エルザの悪行を留まるところを知らず
周囲の人間は苦しめられていた。

 

怒るロージ

そんなある日
エルザの宝石が行方不明になる事件が発生。

だがエルザはその犯人を
ロージと決めつけて
解雇してしまう。

あまりに傲慢で身勝手なエルザを見て
ついに怒りが爆発したロージ。

これ以上犠牲者が増やさない為
エルザの殺害を決行する。

 

エルザ殺害

ロージは
エルザの部屋でメイクしているところを
警察に逮捕される。

カトゥはマックスから受け取った
ネックレスをロージに譲る。

牢屋の中でそれを受け取ったロージ。

彼女はそのネックレスを身につけて
涙してしまう。

こうして事件は幕を閉じた。

そしてカトゥは新しい職場を
探して旅立つのだった。

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.