【マシニスト・ネタバレ】映画のラストを900文字にまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -




ストーリーの要約

  • 異常な現象は
    引き逃げによる罪悪感が引き起こした
    トレヴァーの妄想だった。

 

  • トレバーは自分の罪を思い出して
    警察に自首する。

 

  • 罪悪感から解放されて
    トレバーはようやく

    眠ることができた。

 

登場人物

 

トレバー

工場の作業員として働く男性。

ここ1年間は不眠症に悩まされており
体はやせ細っている。

 

アイバン

 

不審な言動や行動で
トレバーを惑わせる謎の男性。

 

マリア

トレバーが空港で知り合った
喫茶店のウェイトレス。

トレヴァーとは
息子のニコラスと一緒に出かける仲。

 

 

マシニストのラスト(900文字)

 

眠れないトレバー

トレバーは不眠症に悩まされていた。

ここ1年間まともに眠れていないのだ。
その為、体は異常な程やせ細っていた。

 

謎の男アイバン

そんな時、トレバーは
職場で奇妙な男に出会う。

名前はアイバン。

なんでも同僚の「レイノルズ」が解雇されたので
その変わりとして
同じ職場で働いているらしい。

 

壊れていくトレバーの日常

ある日、同僚の頼みで
機械点検の手伝いをしていたトレバー。

ふと別の場所に目を向けると
そこにはアイバンが立っていた。

だがアイバンにみとれていたトレバーは
誤って機械を作動させてしまう。

その結果、同僚は事故に巻き込まれて
左腕を失ってしまった。

 

アイバンに翻弄されるトレバー

事故の事情聴取で
アイバンという男は職場にいないことを知ったトレバー。
(レイノルズも解雇されていなかった)

あの男は何者なのか?

気になったトレバーは
アイバンを調べることにする。

ようやくアイバンを見つけて
酒場で話し合うトレバー。

しかしアイバンがお手洗いにいっている間
ふと財布を覗くと
そこには「レイノルズ」と「アイバン」が
釣りをしている写真が入っていた。

ここでトレバーは
アイバンがレイノルズと共謀して
自分を陥れていると考える。

 

マリアとの出会い

トレバーは空港の喫茶店で
とある女性に出会う。

名前はマリア。

意気投合した2人は
後日マリアの息子ニコラスと
遊園地に行くことになる。

 

崩壊していくトレバー

そんなある日、トレバーは
アイバンの車を見つける。

必死に尾行した結果、
アイバンのナンバープレートを特定した。

そこ後トレバーはわざと自動車事故にあい
ひき逃げ車として
アイバンのナンバープレートを警察に照合させる。

だがそこでとんでもない事実が発覚する。

アイバンのナンバープレートは
かつてトレヴァーが廃車にした車のものだったのだ。

気を落ち着かせる為、
マリアの喫茶店に行くトレバー。

しかしそこにマリアはいなかった。

なんとマリアもトレバーが生み出した
架空の人物だったのだ。

 

事件の真相

一連の異常な現象は全て
トレバーの妄想だった。

不眠症、妄想、
全ては1年前のひき逃げによる
ストレスが原因だったのだ。

ようやく自分の罪を思い出したトレバーは
警察に自首することを決意する。

収監された拘留所で眠るトレバー。

全ての罪を告白した彼は
ようやく眠りにつくことが
できたのだった・・・

 

ー完ー

【マシニスト】映画ネタバレ記事へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.