【ザ・セル・ネタバレ】映画の結末を900文字にまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 




登場人物

 

キャンベル・ディーン

精神科医。

最新鋭の設備を駆使して
患者の精神世界に入り込む
特殊な治療法を行なっている。

 

ピーター・ノヴァク

FBI捜査官。

かつては検事だったが
少女虐待事件の犯人を裁けなかったことが
キッカケでFBIに転職した。

 

カール・スターガー

分裂症を患う
練即殺人犯。

逮捕後は昏睡状態に陥ってしまった為
被害者の居場所を聞き出そうとするキャサリンに
精神世界に侵入されてしまう。

 

ザ・セルのラスト

 

殺人鬼スターガー

世間では女性を狙った連続殺人事件が発生していた。

犯人の名前はカール・スターガー。

居場所を突き止めたFBIは
スターガーの自宅に突入する。

だが発見されたスターガーは
意識不明の昏睡状態に陥っていた。

 

スターガーの精神世界へ侵入

だがスターガーの被害者は
まだ監禁されたままだった。

40時間以内に救出しなければ
監禁場所の装置が作動して
溺死してしまう。

そこでFBIのピーター達は
精神科医のキャサリンに
スターガーの精神世界に侵入して
被害者の居場所を聞き出すように依頼する。

 

狂気の精神世界

だがスターガーの精神世界は
異常だった。

輪切りの馬。
筋骨折々な女性。
人形のように踊り出す女性。

そして分裂症が発症するキッカケとなった
幼少時代の凄惨な虐待。

恐怖を感じたキャサリンは
1度精神世界を脱出してしまう。

 

再び精神世界へ

だがスターガーの心に
良心が残されていることを確信したキャサリン。

彼女はスターガーを救う為
再び精神世界に侵入する。

しかしキャサリンはスターガーに捕まってしまい
精神世界から出られなくなってしまう。

ピーター、精神世界へ侵入

キャサリンや被害者を救うため
精神世界へ入ることを決意するピーター。

スターガーに襲われながらも
何とかキャサリンの救出に成功。

さらに被害者の居場所に関するヒントを手に入れた2人は
現実世界へ脱出する。

 

キャサリンの精神世界へ

スターガーを救うには
自らの精神世界に招き入れるしかない。

そう考えたキャサリンは
スターガーを自分の精神世界に呼び寄せる。

だが彼を救うことは出来なかった。

スターガーの邪悪な心も
キャサリンの世界に侵入してきたのだ。

2つの心は一心同体。

邪悪な心を殺せば
良心を持つスターガーも死んでしまう。

しかし楽にして欲しいという
スターガーの願いを聞いたキャサリンは
彼を終わらせることを決意する。

一方でピーターは被害者女性の居場所を特定。

間一髪のところで
被害者の救助に成功した。

こうして殺人鬼スターガーの事件は
幕を閉じたのだった。

ー完ー

 

【ザ・セル】ネタバレまとめ記事へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.