【9番目の奇妙な人形】忙しい人の為の映画ネタバレブログ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「9番目の奇妙な人形」は
人類が死滅した世界を支配する
機械と命を持った人形の物語だ。

ここでは

  • あらすじ
  • 物語の結末
  • 解説

など「9番目の奇妙な人形」に関する情報を紹介していきます。

 




あらすじ

機械によって人類が滅ぼされた世界。
そこに1体の人形「9」が目を覚ます。

死滅した大地を彷徨っていると
自身を仲閒と呼ぶ人形「2」に出会う。

しかし突如現れた機械型の獣によって
「2」は連れ去られてしまう。

その後、「1、5,6,8」と
次々と人形に出会っていく「9」

だがどうしても「2」を救いたい「9」は
リーダーの「1」の忠告を
無視して助けにいくことに・・・。

 

9番目の奇妙な人形の結末

「9」達は攫われた仲閒を助ける為に
敵の本拠地へ乗り込む。

だが「9」は誤って
そこに眠る謎のマシーンを起動させてしまう。

仲閒達はそのマシーンにより次々と犠牲となる。

一方「9」はマシーンの暴走を止める方法を探し始める。

ついに「9」はマシーンの機能を停止させる。

こうして「9」と生き残った仲間達は
死滅した世界を見守り続けるのだった。

 

さらに詳しい結末が知りたい方はこちら

【9番目の奇妙な人形・ネタバレ】映画のラストを500文字にまとめてみた

 

解説

  • 人形達は博士の生命エネルギーで作られた

 

  • 「9」の体内にあったパーツは
    生命エネルギーを転送する装置だった。
    (博士はこの装置で人形を作った)

 

  • 人形は人工知能の暴走を止める為に作られた

 

  • ラストシーンは生命エネルギーを利用して
    新しい生命体を作っていた。

 

さらに詳しい解説が知りたい方はこちら

【9番目の奇妙な人形・解説】ラストシーンでは何が起こっていたの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.