【血のお茶と紅い鎖】忙しい人の為の映画ネタバレブログ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「血のお茶と紅い鎖」は
人形に心惹かれたカラス達と
ネズミ達を描いた物語だ。

ここでは

  • あらすじ
  • 映画の内容
  • 解説

など「血のお茶と紅い鎖」に関する情報を
紹介していきます。

 




あらすじ

貴族のネズミ達は
カラス達に
写真の女性そっくりの人形を
作って欲しいと依頼する。

早速、人形を完成させるが
やがてカラス達はその人形に惹かれてしまい
ネズミ達へ渡すことを渋ってしまう・・・。

 

「血のお茶と紅い鎖」の内容

 

  • ネズミは人形がどうしても欲しい為
    カラスの家から盗んでしまう。

 

  • だが命を持った人形が欲しいと願った
    ネズミの1人が
    人形を連れて旅に出る。

 

  • 人形をカラスの家に飾るネズミ。
    だが駆けつけたカラスや他のネズミ達が
    争い、人形を奪い合ってしまう。

 

  • 人形はそのはずみで
    破られてしまう。
    同情したカラス達は
    人形をネズミに譲る。

 

さらに詳しい内容が知りたい方はこちら

【血のお茶と紅い鎖】映画の内容を700文字にまとめてみた

 

解説

 

  • ネズミは人形に命が欲しいと願ったから
    旅に出た。

 

  • ラストシーンは動物を血肉とする
    人間の姿を比喩していた。

 

さらに詳しい解説が知りたい方はこちら
【血のお茶と紅い鎖・解説・考察】ラストやネズミの行動の意味を考えてみた

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.