【saw6・解説】登場したゲームの内容をまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -




saw6に登場したゲーム

 

シモーネ・エディのゲーム

ルール:

悪徳金融業者に勤務する社員
「シモーネ」と「エディ」のゲーム。

自身の肉を切り落として天秤にかける。
ただし相手よりも多くの肉を捧げなければ
頭の装置についたボルトで貫かれてしまう

結果:

エディが死亡する。

 

ウィリアムと用務員のゲーム

ルール:

呼吸をする毎に
上半身にセットされた装置が作動。
一定数値まで呼吸をすると
体が潰されてしまう。

 

結果:

用務員はタバコが原因で
心肺機能が低下していた為
息を止められず死亡。

 

ウィリアムと2人の社員のゲーム

ルール:

ウィリアムがレバーを引っ張ると
ゲームが始まる。

レバーは2つある。
1つは書類整理の男性社員の足場を支えるレバー。
もう1つは女性秘書の足場を支えるレバー。

(レバーを放すと足場が落ちて社員が首を吊ってしまう。)

ウィリアムはどちらかのレバーを
放さなければならない。

 

結果:

書類整理の男性が死亡する。

 

ウィリアムと法務担当のゲーム

ルール:

高温のスチームが
吹き出す迷路に閉じ込められた
法務担当女性をゴールまで導く。

90秒を経過すると
胸に仕掛けられた装置で頭を貫かれる。

 

結果:

ゴールまでたどり着いたが
胸の装置を解除する鍵は
ウィリアムの体内にあった。

結果、装置が解除できず
法務担当女性は死亡する。

 

ウィリアムと6人の社員のゲーム

ルール:

回転する台に固定された6人の男女から
2人を選び救済する。

一定時間になると
それぞれ6人にショットガンが発射される。

回避するには手元にあるスイッチで
ショットガンの向きを変えなければならない。

(ただしショットガンの向きは2回しか変えられない)

 

結果:

ウィリアムは2人の女性を救済。
他4人の男性社員は死亡する。

 

アボット親子とウィリアムのゲーム

ルール:

アボット親子の手元にある
レバーを引くとウィリアムに
注射針が刺さり
フッ化水素酸が注入される。

(ただし生かすことも可能)

 

結果:

息子のブレンドが
レバーを引き
ウィリアムを殺害してしまう。

 

ホフマンのゲーム(処刑)

ルール:

ジルによって両手をイスに固定された状態で
ヘッドギア(saw1のアマンダのゲームで使用)を
顔にセットされる。

 

結果:
自力で装置を外して
脱出した。

 

 【saw6】ネタバレまとめ記事へ戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.