【黒い箱のアリス・考察】黒い箱の正体について考えてみた

2019/05/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -




黒い箱の正体

黒い箱の正体は
「アリスの想いで起動したタイムマシン」
だと考えている。

アリスの義手は
強く念じればその通りに動いてくれる仕組みだった。
(使用者の脳波を読み取っているのだろう)

恐らくタイムマシンにも
これと同じ機能が搭載されていたのだろう。

つまりタイムマシンは
使用者の強い想いによって
起動するのだ。

(もしくは義手を通じて脳波が
黒い箱に発信された可能性も考えられる)

タイムマシンを発見した時、
アリスは母親の死を認められず
父親と言い争っていた。

そしてその直後に
タイムマシンはアリスの前に現れた。

つまりタイムマシンは
アリスの母に対する
強い想い(過去を変えたいという強い感情)に

呼応してやってきたのだ。

どこかの研究所から
やってきたのか?

はたまた時空を超えて
アリスの元に来たのか?

そこまでは分からないが・・・

 

強く念じれば性能も上がる?

軽く手を触れると
箱の中に小さな空間が出来た。

そしてそこには未来からの手紙が入っていた。

この時点では
まだ過去に戻ることは出来なかった。

これはアリスの想いが弱かったからだ。

しかし父とベアトリスを殺された時に
あの黒い箱に語りかけると
空間は大きくなり
タイムスリップができるようになっていた。

つまりタイムマシンは
想いが強ければ強いほど
性能も向上するのではないだろうか?

黒い箱が
使用者の感情の強さに反応するなら
こういった可能性もあるかもしれない・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.