【12モンキーズ・解説・考察】歯の追跡装置と老人について

 
この記事を書いている人 - WRITER -




【12モンキーズ・解説・考察】路上にいた老人は?

 

この老人の正体は
未来から派遣された調査員だと考えている。

恐らくこの老人は
未来人の監視から逃れて
過去の時代で暮らしたかったのだろう。

だからこの老人は追跡装置である
自分の歯を抜いていたのだ。

ただタイムトラベルで
精神が崩壊している可能性もあるので
歯に盗聴器や追跡装置が
仕掛けられているかは定かではないが・・・

 

【12モンキーズ・解説・考察】歯は本当に追跡装置だった?

 

ジェームズは2度目のタイムスリップの後で
自分の歯を抜いた。

そんな姿を見たホセはこのように言った。

「なぜ歯を抜いたりしたんだ」
「特赦を受けたのに戻って歯をぬくとは」

どうやら歯の存在は
調査員にとって
かなり重要なことであることが伺える。

さらに謎の声との会話でも
「歯を抜くことは許されない」
と言っていた。

つまり歯は
ボランティアと科学者をつなぎ止めておく
重要な装置である可能性が高いということだ。

このことから
歯には調査員がいる時代を特定する
発信器のとうな役割もあると考えられる。

 

☞ 【12モンキーズ】ネタバレまとめ記事へ戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.