【saw2・ラストネタバレ】忙しい人の為の映画ブログ

2019/05/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -




saw2のラスト(忙しい人用)

①刑事エリックはジョンのアジトを特定する。


②だがエリックは息子ダニエルが

 ジグソウゲームに参加している映像を見せられる。


③「一定時間までジョンと対話する」
というダニエルの解放条件を無視して
エリックは
ジョンを脅して居場所を聞き出す。


④だが映像は録画されたものであり

 ダニエルはジョンがいたアジトに監禁されていた。


⑤ジョンの罠にはまったエリックは

 弟子のアマンダに拘束されてしまう。

 

登場人物

 

登場人物を確認する

 

ジョン・クレイマー

ジグソウと称して
人々の死のゲームへと陥れていく殺人鬼。

現在は末期の脳腫瘍に冒されている。

 

アマンダ

ジグソウゲームに生き残った女性。

しかしジグソウに再び拉致されてしまい
ゲームに参加させられる。

 

エリック

刑事。

だが短気で暴力的な性格をしており、
罪をでっち上げて
無実の人間を逮捕していた為
周囲から恨まれていた。

 

ダニエル

エリックの息子。

窃盗で警察に補導されることも多い
不良少年。

ケリー

女刑事。

今回エリックと共に
ジグソウのアジトに突入する。

 

saw2のラスト(750文字)

 

ジグソウとの対峙

また1人ジグソウの犠牲者が現れた。

調査に向かうエリック。

そこでエリックは
犠牲者に設置されていた
装置に刻まれた会社名から
ジグソウのアジトを特定。

SWAT隊を引き連れて
エリック達はジグソウのアジトへ突入する。

そこでエリックは
車いすに座る
「ジョン・クレイマー」を発見する。

 

息子の命を賭けたゲーム

逮捕する為
ジョンに近づくエリック。

だがそんな時、アジトに設置された監視モニターに気付く。

そこに映っていたのは
なんと息子のダニエルだった。

ダニエルはジグソウゲームに参加させられていたのだ。

 

ジョンの要求

ダニエルの解放条件は
ジョンとエリックとの対話だった。

焦るエリックだったが
ケリーの説得もあって
エリックは要求に応じる。

 

過酷なゲーム

2時間以内に脱出しなければ
神経毒ガスで全員死んでしまう。

こうしてエリックと7人の男女の
命を賭けたゲームが始まった。

だが過酷なゲームは
1人、また1人と
参加者の命を奪っていく。

そして残る参加者も
ダニエルとアマンダの2人になってしまった。

 

はめられたエリック

タイムリミットは近づいている。

そんな状況にシビれを切らしたエリックは
ついにジョンを殴ってしまう。

拷問に耐えかねたジョンは
ダニエルの居場所を教える。

だがこれはジョンの罠だった。

一方アジトでは2時間が経過していた。

すると突然、アジトの金庫が開きだした。
中には衰弱したエリックが入ってた。

アジトのモニターに映っていたダニエルは
録画された映像だったのだ。

 

ジグソウの罠

真相を知らないエリックは
ジョンが指示した施設を探し回っていた。

だがそこで待っていたのは
アマンダだった。

アマンダは前回のゲームをキッカケに
ジョンの弟子となっていたのだ。

注射を打たれて気を失うエリック。

こうしてジグソウのゲームは幕を閉じた・・・。

ー完ー

 

解説

 

映画に登場したゲームのまとめ

エリックのその後とアマンダの目的について

虹の彼方の意味と物語の時系列について

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.