【インシディアス・解説・考察】赤い扉の正体について考えてみた

2019/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここではインシディアスに登場する
「赤い扉」の正体について考えていこうと思います。

※この考察は個人的な予想です。
実際の設定とは異なる場合がありますのでご注意下さい。

 




赤い扉の正体

赤い扉は悪霊や悪魔が支配する空間へ
入ることができる入り口だと考えている。

「インシディアス」の赤い扉は
不気味なオモチャで埋め尽くされた
赤い悪魔の空間だった。

また「インシディアス2」の赤い扉は
女装したパーカーとその母親が支配する
女の子の部屋のような空間だった。

つまりこれらの空間は
悪魔が住む「部屋」のようなものであり、
その「部屋」に入る為の入り口こそが
あの赤い扉なのだと考えている。

 

赤い扉の特徴

赤い扉にはいくつか共通点がある。

ここではその共通点について
紹介していこうと思う。

 

共通点1:空間のデザイン

 

赤い扉の中にある空間は
悪魔や悪霊の性格や記憶が反映されたデザインになっている。

例えば、赤い悪魔の部屋は
操り人形がいたるところに飾られていた。

これは人間を操り、
悪事を働く赤い悪魔の性格が反映された空間なのだ。

(本編でも赤い悪魔はダルトンを操って
ジョシュ達を攻撃していた)

パーカーの空間は、
住んでいた屋敷の構造が
そのまま空間に反映されていた。

このように
赤い扉の中の構造は
その者の記憶や性格がモデルになっているのだ。

 

共通点2:魂を閉じ込めている

 

ダルトンの魂は
赤い悪魔の空間に閉じ込められていた。

そしてパーカーの被害者の魂も
同じく赤い扉の中にある空間に
並べられていた。

このことから
赤い扉の中にある空間は、
捕らえた魂を保管する役割も
担っていると考えられる。

 

まとめ

①赤い扉の中は
 その者の心が反映されたデザインになっている。

②悪魔達は赤い扉の中で
 捕らえた魂を保管している。

 

本編では赤い扉が
彼方(かなた)への入り口だと言っていた。

つまり彼方とは
悪魔や悪霊達が住んでいる部屋のことであり
そこに入る為の入り口が
赤い扉なのではないだろうか?

こうして悪魔達は
赤い扉の部屋を拠点として
人間の魂を集めていたのだ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.