ランズエンド・ネタバレ感想 罪悪感に苛まれる刑事達の苦悩を描いた物語

 
この記事を書いている人 - WRITER -




あらすじ

刑事であり兄弟である
兄のジョーと弟のクリシーは
学校付近でおきた少女惨殺事件を調査していた。

捜査を進めていくジョーとクリシー。

すると1人の容疑者が浮上した。

男の名はビューリー。

かつて強制わいせつで何度も逮捕されている
ビューリーを犯人だと決めつけた
2人は執拗にビューリーを追いかけるのだが・・・。

 

テーマは罪

この映画のテーマは罪だ。

証拠不十分で釈放されてしまうビューリーを
海岸に連れていき強引な尋問を行なうジョーとクリシー。

だがビューリーに煽られて逆上したジョーが
スコップで犯人の命を奪ってしまう。

そのうえビューリーが無実だったことを知り
2人は罪悪感に苛まれながら
生活を送るハメになってしまうんだ。

不幸なのは逃げる連中さ
友達や家族を裏切り
心の安らぐ時がない。

これは映画でジョーの同僚が口にした言葉だ。

この言葉通り
「ランズエンド」では
友人や恋人、家族を欺き続け
罪悪感に苦しむ2人の刑事を描いた物語となっている。

 

罪悪感に苛まれる2人の描写がリアル過ぎる

特にクリシーはめちゃくちゃ可哀想だったな・・・。

別にビューリー殺した訳ではないのに(クリシーは殺人を目撃しただけ)
一緒に証拠隠滅して
罪を被って罪悪感に苦しんで・・・。

これが恋人との結婚前に起こったんだから
クリシーからしたら
たまったもんじゃないよ。

さらにそんな2人に追い打ちをかけるように
ビューリーの母親がやってくる。

「私の息子を知りませんか?」

それを息子を殺した張本人に聞いてしまう
ビューリーの母親。

このようなことが度重なり2人は
精神的に追い詰められていってしまう・・・。

でもこの気持ち何となく分かるんだよね・・・。

俺も昔に不慮の事故で友人に
ケガさせてしまったことがあるんだけど
その時の罪悪感は半端じゃなかった思い出がある。

俺の時は
ケガで済んだからまだマシだったけど
これが後遺症とか死亡とかになったら
罪悪感でとても生きていける気がしない。

ましてやこんな罪悪感を隠しながら
生きていくなんて俺にはとてもできない。

そう考えると
ラストで2人が捕まったのは
ある意味ハッピーエンドだったのかもしれない。

 

まとめ

「ランズエンド」はお世辞にも面白い映画ではない。

だが人間の心理描写はとても丁寧に描かれているので
シリアスなヒューマンドラマを鑑賞したい方にはピッタリな映画かもしれない。

人の命を奪った罪悪感に苛まれる
2人の刑事の苦悩を描いた映画
「ランズエンド」

興味のある方はぜひ鑑賞してみて欲しい。

 

ランズエンドを鑑賞した人にオススメな映画

 

マシニスト

 

あらすじ

工場で働くトレバーは
ある日、職場でアイバンという男と出会う。

だがトレバーはまだ気付いていなかった。
アイバンには恐ろしい秘密が隠されていたことに・・・。

 

感想

終盤まで主人公の言動にイライラさせられる映画。

だがラストで全てが明かされると
「ああ!そういうことだったのか!!」とスッキリする。

そんな映画だ。

正直何言ってるか分からないと思うので
気になる人はぜひ鑑賞してみて欲しい。

Amazonでレンタル鑑賞できます

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.