放課後ミッドナイターズ・ネタバレ感想 よくわからんが面白い映画だった

 
この記事を書いている人 - WRITER -




あらすじ

名門・聖クレア小学校の理科室にある
動く人体模型「キュンストレーキ」と
動く骨格標本「ゴス」は頭を抱えていた。

理由はもうじき理科室が取り壊され
2人とも廃棄処分にされてしまうからだ。

そんな時、聖クレア小学校への入学を控えた
3人の少女「マコ」「ミーコ」「ムツコ」が
寂れた理科室にやってくる。

その時、2人は思い出す。

この学校には3つのメダルが隠されており
それら全てを集めると
どんな願いが叶うという伝説を。

さらにキュンストレーキとゴスは
そのメダル集めに
3人の少女を利用することを計画する・・・。

 

展開が意味不明過ぎる

よくわからん。

これがこの映画を見た俺の感想だ。

何でも願いが叶うメダルを
3人の女の子が
手に入れる物語だっていうことは分かる。

序盤は試練をクリアして
メダルを手に入れる為に
半魚人と水泳したり
プログラムと知恵比べしたりしていて中々面白かった。

だが中盤以降から
この映画の意味不明さは一気に加速していく。

だってトイレから伝説の魔王(?)が現れたり
宇宙人がハエ叩き型の宇宙船パーツを回収するんだよ?

かなり意味不明でしょ?

正直言うと
この映画、
無駄なシーンが多いんだよね・・・。

一応、伝説の魔王は
化学薬品とハエが融合して誕生した
突然変異の怪物っていう設定はあるんだけど・・・。

さらにそのハエが怪物になった原因が
キュンストレーキであることが判明して
怒る怪物ハエ。

そこからストーリーは
少女達のメダル集めではなく
なぜかハエと人体模型の追いかけっこにシフトチェンジする。

・・・どうしてこうなった?

個人的には
少女達がキャッキャウフフしてるのを
見れるだけでよかったのに・・・(オタク脳)

ただメダルを集めた少女達が
「キュンストレーキやゴスとまた一緒に遊ぶこと」
を願った為
結果的に理科室の取り壊しや
廃棄処分が消えたというオチは素晴らしかったと思う。

ここは不覚にも少し涙してしまったな・・・。

 

考えるな!感じろ!

少女達のメダル集めに焦点を絞っておけばよかったのに
どうしてこんなカオスな展開にしてしまったのだろうか?

つまらないわけではないけど
無駄な展開も多い映画だと感じたな・・・。

とにかくこの映画では意味不明な展開が多数登場するが
あまり深く考えてはいけない。

むしろそういう映画だと思って
受け入れることが大切だと思う。

考えるな!感じろ!
勢いを楽しむんだ!って感じかな(笑)

願いを叶える不思議なメダルを巡る
少女と人体模型の物語
「放課後ミッドナイターズ」

興味のある方はぜひ鑑賞してみて欲しい。

 

Amazonでレンタル鑑賞できます

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.