イヴの時間 劇場版感想 僕はそんな一途なサリィが大好きです

 
この記事を書いている人 - WRITER -




あらすじ

近来、恐らく日本。

この国では人間に酷似したロボット「アンドロイド」が
実用化され、社会に浸透していた。

そんなある日、
高校生のリクオは
ハウスロボット「サミィ」の行動履歴で
Are you enjyoing the time of EVEという文字列を発見する。

気になったリクオは
彼女の行動履歴を調べ
親友のマサキと
その場所へと向かう。

するとリクオは
そこで一件の喫茶店を発見する。

喫茶店の名前は「イヴの時間」

そこは「人間とアンドロイドを区別しない」
という少し変わったルールを掲げる喫茶店だった。

 

「イヴの時間」を鑑賞して気になったこと

この映画を鑑賞して
気になったのは
アンドロイドの感情だ。

アンドロイドは私生活では
機械口調でどんな命令にも
顔色1つ変えず実行する。

だが喫茶店「イヴの時間」に入店すると
アンドロイドは機械口調ではなく
まるで感情を持った本物の人間のように
接している。

正直ここがよく分からなかったんだよね・・・。

人間らしく振る舞える機能は
もともとアンドロイドに備わっていた機能なのか?

ならどうして
私生活では人間らしく振る舞えないのか?

そもそもどうして
そんな機能をつけたのか?

もう少しアンドロイドの設定を
詳しく説明して欲しいと感じたな・・・。

 

人間に酷使されるアンドロイドに感情はあるの?

そう考えると気になるのは
私生活でのアンドロイドの感情だ。

喫茶店で泣いたり笑ったりしてるってことは
やっぱりアンドロイドにも感情はあるんだよね・・・。

ってことは普段、アンドロイドは
自分の感情を押し殺しながら
命令を実行しているってことになるのか?

どんなに辛い命令でも
感情を押し殺し
機械口調で実行する。

それって結構恐ろしいことなんじゃないかと思った。

まぁ、開発者もそこら辺は
きちんと考えているとは思うけどさ・・・。

 

もしもアンドロイドがいたら・・そんな世界を忠実に描いた作品

「もしもアンドロイドが存在したら」
「イヴの時間」はそんな世界を忠実に描いた作品だ。

だからなのかな?

人間を理解しようとするアンドロイド。

人間関係に疲れアンドロイドに依存してしまう人間。

アンドロイドに依存することにより
人間関係が希薄になってしまうことを恐れた
反アンドロイド団体。

これらが
作り話とは思えず
やたらと感情移入してしまうんだよね・・・。

 

私生活と喫茶店でのギャップがかわいいサリィ

サリィ超かわいい。

最初は無感情で機械口調だったから
ちょっと不気味だと思ったんだよね・・・。

けど喫茶店でリクオと出会った時になると、
めちゃくちゃ恥ずかしそうに顔を隠すじゃないですか!

このギャップ差にやられたわ・・・。

やっぱクールな娘が
恥ずかしそうにする仕草には
心にくるものがあるね。

しかもリクオに美味しいコーヒーを煎れる為に
喫茶店で練習するという一途さ!

ポイント高すぎでしょ・・・。

 

まとめ

アンドロイドの感情など
気になる部分は多かったけど
かなり面白い作品だった。

アンドロイドと人間の群像劇ものを探している人なら
間違いなく楽しめる映画だろう。

もしもアンドロイドが存在したら?
そんな世界を忠実に再現した映画「イヴの時間」

興味のある方はぜひ鑑賞してみて欲しい。

「イヴの時間」の購入・レンタルはこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.