キャビン映画感想・微ネタバレ これはドッキリ番組か何かですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -




あらすじ

夏休みを利用して
別荘でのバカンスを楽しむ5人の大学生達。

そんな時、大学生達は
別荘の地下室で奇妙な日記を見つける。

好奇心でその日記の内容を読み上げる大学生達。

するとその読み上げに
呼応するかのように別荘近くの墓地から
謎のゾンビ集団が蘇る。

1人、また1人と
大学生達の命を奪うゾンビ達。

果たして大学生達は
無事にゾンビから逃げ切ることができるのか?

 

感想

「ありきたりなホラー映画に飽きた人にお勧めなホラー映画」というべきだろうか。

別荘で日記を読み上げたことで
なぜか墓地に眠っていたゾンビが覚醒。

ゾンビ達は次々と大学生達の命を奪い
追い詰めていく。

「なんだ・・・ありきたりなホラーじゃないか・・・」
ここまで聞くとこのように思うかもしれない。

だが実際に鑑賞してみると
この映画、斬新な展開で
結構面白いんだよね。

ゾンビに追いかけられる大学生達。

するとその姿を
モニター越しに観察する
謎の集団が映し出されるではないか!

・・・なんじゃこりゃ?

まさか「全部ドッキリでした!!」なんてオチじゃないだろうな・・・
とか思ってたけど
さすがにそんな安易なオチには走らなかったので安心した(笑)

まぁ、かなりぶっ飛んだオチではあったけど・・・。

 

前半は微妙・・・でも後半から一気に面白くなる映画

前半はリア充大学生の
キャッキャウフフや
ゾンビの追いかけっこを見せつけられるだけなので少々退屈。

しかし後半になると
展開が一気に急変する。

謎の地下施設。

管理された怪物達。

事件を操る組織の目的。

後半はホラーというよりは
SFと言ったほうがいいかもしれない。

ところで地下室に保管されている
怪物ってどこから捕まえたんだろ?

やっぱり遺伝子イジって作り上げられたのかな?

 

個人的な好きなシーン

個人的に好きなシーンはやはり
地下室に解き放たれた怪物達が
大暴れする場面だろう。

殺人ピエロ
ゾンビ
巨大蛇
怪物コウモリ

様々な怪物が狭い空間で大暴れするシーンは
迫力と絶望が混ざりあい
中々見応えのある映像となっていた。

本当に個性豊かな怪物がたくさん登場するから
モンスターマニアや
モンスターパニック映画好きにも
オススメできるんじゃないかな?

 

まとめ

ホラーとドッキリ番組を融合させた
異色の映画「キャビン」

様々なモンスターがお祭り騒ぎしたり
仕掛けられた小道具で出演者を誘導したりする様子は
まるでドッキリ番組そのもの。

「最近ホラーに飽きてきたな・・・」

なんて人には是非お勧めしたい映画だ。

興味のある方は是非鑑賞してみて欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.