ゲットアウト【考察】なぜ使用人は涙した?フラッシュ鼻血との関係性は?

2018/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは

今回は白人の屋敷を訪れた黒人に迫る
狂気を描いた物語
「ゲットアウト」について紹介していきます。

ゲット・アウト




あらすじ

ニューヨークに住むアフリカ系アメリカ人

の写真家クリスは恋人である白人女性ローズの実家に招待される。

黒人が白人の実家に訪れる事に若干の抵抗を覚えたが

そこで目にしたのは

違和感を覚えるまでの歓迎と

奇妙な行動に走る黒人使用人達だった。

ゲット・アウト感想

「ゲット・アウト」はどちらかと言うと

残酷な映画」という印象が強かった。

とは言ってもホラー映画でよく見るような

血が吹き出るスプラッターの類いではない、

精神的にくる残酷さだけどね。

もし自分があんな状況に陥ってしまったら

間違いなく死にたくなってしまうな。

ホラーにも色々な怖さがあるけど

やはり一番怖いのは人間である事を

改めて思い知らされる映画だったね。

「ゲットアウト」は物語の引き込ませ方もうまい。

笑いながら泣く使用人

夜中全速力で駆け回る庭師

不気味かつ意味深な伏線だらけで

最後まで目を離せない映画だった。

正直、真相はあり得ないかったけど

この映画を見ていると

本当に思えるようなリアルさがあったから

気にせず楽しめたね。

使用人が涙した理由とは?

次はゲットアウト最大の謎の1つ。

「不気味に笑う使用人」について考察していこう。

クリスの部屋で偶然出会った黒人使用人。

しかし話をしているうちに

突然、不気味な笑みを浮かべ

涙を流し始める。

画像5

一体なぜなのだろうか?

理由は白人の屋敷の秘密にある。

実は白人達は屋敷に招き入れた黒人の脳を

白人の脳と取り替えていたのだ。

障害を負った、

歳で体が動かない

そんな白人の脳を黒人の肉体に移植する事で

再び健康な体を手に入れる。

これがアーミテージ家の目的だったのだ。

しかし手術を終えても

神経系に繋がる脳の部分は残されるので

意識までが消える事はないらしい。

つまり体を乗っ取られても

本人の意識は残り続けるのだ。

彼女が涙を流した理由。

それは体を乗っ取られても

尚、意識のみ生かされ続ける

苦しみを訴えていたからなのである。

 なぜフラッシュで鼻血が出た?

携帯のフラッシュで鼻血を出して

突然、錯乱する黒人男性。

画像7

なぜこんな事になったのだろうか?

考えられる原因としては

移植後の肉体は強い光を浴びると

脳が麻痺する、1種の催眠にかかりやすい

状態になっているからではないだろうか?

特定のリズムを持つ光や音により、人間の脳をいったん麻痺させ、その間に暗示をかけることを指す

出典元pixiv

この現象がクリスのスマホのフラッシュで

引き起こされたのかもしれない。

脳が麻痺する事で

白人の意識は一時的に停止した。

その為本来の意識が覚醒して

クリスにこの屋敷の恐ろしさを伝えようとしていた。

これがフラッシュで錯乱した原因だと考えている。

では鼻血は何なのか?

これは恐らく脳の麻痺による影響か、

あまりに興奮し過ぎた為

交感神経が優位になって血管が収縮して鼻血が出たかの

どちらかだと思う。

ちなみに緊張すると鼻血が出るのも

これが原因だ。

評価

ゲット・アウト

オススメ度★★★★☆

ミステリー要素と人間の狂気性が混じった

中々の良作だと思う。

しかもこれが低予算で

制作されているのだから驚きだ。

だが内容は予算の少なさを感じさせる事のない

クオリティとなっているので

鑑賞して損は無いと思う。

それでは「ゲット・アウト」の紹介を終わります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.