映画エスター【ネタバレ・感想】少女の目的は?怖過ぎてトラウマになりそう・・・

2019/03/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは

 

今回も気になった映画をどんどん紹介していきます。

今回の映画はシャウム・コレット=セラ監督のサイコホラー映画

「エスター」だよ。

「エスター」の画像検索結果

 

 




作品情報

監督:シャウム・コレット=セラ

 

公開日:2009年10月10日

 

キャスト

ケイト役:ヴェラ・ファーミガ

エスター役:イザベルファーマン

ジョン役:ピーター・サースガード

ダニエル役:ジミーベネット

マックス役:アリアーナ・エンジニア

 

 

 あらすじ

3人目の子供を流産した主人公の「ケイト・コールマン」と

その夫「ジョン・コールマン」

 

コールマン夫婦は流産した子供の悲しみを埋めるため

孤児院から9歳の少女エスターを養子に迎え入れる。

 

妹のマックスともすぐに打ち解け

幸せに暮らしているかに思えた。

 

だがエスターと過ごし始めた頃から

家族やその周囲の人間に妙な異変が生じ始める・・・

 

エスター感想

 

とりあえずエスターちゃんが怖すぎる映画だったな。

 

彼女は簡単に言うと「サイコパス」だ。

 

エスターは自分の欲望のためなら

人の命だって平気で奪う、

他人を「物」のように扱う悪女だ

 

画像5

出典元:https://eiga.com/movie/54386/gallery/5/

↑ケイトからピアノのレッスンを受けるエスター。だが実際は下手なフリをしてケイトの機嫌を取っていただけだった。

 

画像1

出典元:https://eiga.com/movie/54386/gallery/

↑エスターの奇妙な言動にケイトは不信感を抱くようになる。

 

特に終盤、エスターが凶行の際に見せた

笑顔なんてトラウマになりそうだった。

おかげでその日の夜はトイレに行くのも怖かったよ・・・

 

画像4

出典元:https://eiga.com/movie/54386/gallery/4/

↑エスターの行動は過激さを増し、ついに子供のダニエルやマックスにもが危機が・・・

 

 

R指定されているだけあって

エスターの行動はとにかく常軌を逸している。

 

時には、自身の立場を有利にするために

自傷行為を行なう時もあったからね・・・

 

しかもそれを子供がやっている。

想像するだけでも寒気がするよ・・・

 

ある意味エスターも怪物映画によく出てくる

「クリーチャー」に分類されるのかもしれないね。

 

 ネタバレ

 

実はエスターの正体は

年齢32歳の成人女性なんだ。

 

原因は子供の姿から

成長する事が出来ない奇病であり

同時にエスターは

精神病院の患者として拘束されていたんだ。

 

9982299[1]

出典元:http://blog.livedoor.jp/foolverine/archives/6556661.html

↑入浴の際、施錠を欠かさなかったのは自身の老け顔を隠す為だった

 

イメージ 10

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/yamaaya09300717/2677323.html

↑永久歯を見せる事で年齢がバレる事を避けたかったと考えれば、歯医者を頑なに拒んでいた理由も納得出来る。

 

イメージ 6

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/yamaaya09300717/2677323.html

↑手首や首に巻かれたリボンに触れようとした瞬間発狂するエスター。このリボンは病院での拘束具の跡を隠すためだったのだ。

 

しかし何らかの方法で脱走したエスターは身分を隠し

養子として別の家族に引き取られる事になった。

しかし引取先の父親を誘惑して

拒絶された事に憤慨して家族を殺害。

家を放火してしまったんだ。

 

その後は再び孤児院で保護される事になり

冒頭で養子探しをしていたケイト達と出会いに繋がっていく。

 

エスターの目的は?

劇中ではハッキリと語られてはいないけど

以前の引き取り主同様、

エスターは夫のジョンを誘惑していた。

この事から恐らくエスターは

愛に飢えていたと推測される。

 

いくら歳を重ねても子供のままの為

どこにいっても大人扱いしてくれる人はいない。

子供としての愛では無く

「純粋に愛されたかった」

「女性として見られたかった」

 

エスターの凶行の根底にはこうした

欲望があったのだと俺は感じている。

 

 

まとめ

子供でありながら狂気じみた行動で

人々を恐怖に陥れる少女を描いた

サイコホラー映画「エスター」

 

イザベル・ファーマンの演技力や

演出のおかげで

本当に実在するかのような

リアルな怖さを醸し出す作品になっている。

 

ホラー好きには

ぜひオススメしたい作品だね。

 

それでは映画「エスター」の紹介を終わります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.