サプライズ【映画感想】 主人公がミキサーで・・・どっちが殺人鬼か分からない

2019/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは
今回紹介するのは
とある一家に襲いかかる謎の集団の恐怖を描いた物語
「サプライズ」を紹介します。




あらすじ

両親の結婚35周年を祝うために家族10人が集まり

パーティーを行なっている最中、

突然キツネ、ヒツジ、トラの仮面を被った集団に襲撃される。

彼らは無差別に家族を殺し
1人、また1人と死体となっていく。

感想

画像4

発想は悪くなかったと思う。

「密室に集まった男女が殺人鬼に殺される」
ってネタは結構盛り上がるから
序盤は結構楽しみだった。

ただ期待し過ぎていたのが原因なのだろう・・・
後半は微妙だった。

犯人の動機も単純だったし
真相が明らかになった後は
ひたすら凶器で殴り合うだけの
スプラッター映画になってたからね。

もう少し物語に捻りが欲しかったな・・・

意外とお茶目な殺人鬼

画像1

出典元:https://eiga.com/movie/77984/gallery/[/caption]

「サプライズ」の殺人鬼って何か抜けてる所があるんだよね。

主人公が仕掛けたトラップにも簡単に引っかかってるし・・・

手慣れた殺人集団が
知識があるとは言え一般人である
主人公1人に全滅させられるとは
いかがなものだろうか。

前半はあんなに強者感出してたのに
後半では主人公が強すぎるあまり
逆に狩られる側になってしまったからな・・・

まぁ、それはそれで悪くないとは思うけど・・・

主人公が容赦ない・・・

画像6

出典元:https://eiga.com/movie/77984/gallery/6/[/caption]

「サプライズ」の主人公はとにかく強すぎる。

本人が言うには
妄信的な父にサバイバルな訓練を受けたらしい・・・

「私、父から訓練を受けていたの」
こう言い放ち、次々と殺人集団を葬っていく女主人公。

そして極めつけは
とっさに手にしたミキサーで犯人の頭を・・・

父親のサバイバル訓練は相当過激だったのでだろう・・。
もはやどっちが殺人鬼か分からなかった。

まとめ

題材は悪くなかったけど

中盤あたりから

ひたすら殴っては逃げての繰り返しで

少し単調な展開になっていたのは残念だったと思う。

でも主人公が犯人を

バタバタなぎ倒していくシーンは爽快だったし

従来の登場人物のようにウジウジする事無く

テンポ良く進むから見ててイライラしない。

一種のカタルシスのようなものが得られるのは

この映画の魅力かもしれないな。

R15指定されているので少しグロいけど

見て損するような作品ではないと思う。

評価

オススメ度:★★★☆☆

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.