映画ババドッグ【考察】怪物の正体は妄想?ラストの意味を解釈してみた

2019/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは

皆さんこんにちは
今回はとあるシングルマザーと
その息子に襲いかかる恐怖を描いた物語
「ババドック」を紹介します。

「ババドック正体」の画像検索結果




あらすじ

事故で夫を亡くしたアメリアは

学校で問題を起こす息子サミュエルや

仕事が原因で疲弊する毎日を送っていた。

そんなある日アメリアはサミュエルに

とある絵本を読んで欲しいと頼まれる。

「ミスターババドック」

そしてこの不気味な絵本を読んだ事がキッカケとなり

2人の日常は次第に崩れ始めていく。

 

ババドッグの正体は?

Ah world book day! Here's one for the kids. #babadook #lightreading #kidsneedtoread #worldbookday

ババドックの正体は

劇中でも明かされていない。

しかしアメリアの行動や伏線から

自分なりにババドックの正体を考察してみたので

それを紹介していく。

仮説1:アメリアの妄想

ババドックは精神的に病んでいた

「アメリア」の妄想であると考えている。

劇中でも幻聴や幻覚が見えるシーンは数多くあったから

彼女が精神に異常をきたしていたのは間違い無い。

となるとババドックが登場するシーンや

怪奇現象も全て彼女の思い込みが生んだ

である可能性も考えられる。

仮説2:人間に憑依する魔物

劇中、ババドックは人間の心に入り込む

怪物である事が紹介されている。

この事から

ババドックの正体は人間の心を操り

狂わせる魔物であるとも考える事が出来る。

数々の怪奇現象は本当に妄想だったのか?

中には妄想では説明しづらい場面もあったので

もしかするとババドックは本当に実在している可能性も考えられる。

ラストの意味とは?

Just watched this movie love it! Hope you all had a fantastic Halloween!

終盤アメリアが地下室でミミズを餌として

何者かに与えていたシーン。

興奮してアメリアに襲いかかる「何か」を落ち着かせ

餌を床におくと、その器は自然と動き始めて

闇の中へと消えていく・・・

これは何を意味するのだろうか?

もしババドックが彼女の妄想であるなら、

恐らくこのシーンは

アメリアが自分の心の闇を受け入れ

共存していく事を決めた心情を比喩しているのだと思う。

だがババドックが実在しているなら

これは共に暮らしていく事を決意した心情の表れであるとも

受け止める事が出来る。

ではなぜアメリアはババドックを受け入れたのか?

残念ながらそれは分からなかった。

ババドッグに同情したのか?

それとも追い出す事を諦めたのか?

いずれにせよババドックはこれからも

アメリアとサミュエルと共に暮らしていくのだろう。

まとめ

「ババドック正体」の画像検索結果

オススメ度:★★★★★

シングルマザーの苦悩を

ババドックという架空の怪物を通じて表現した

映画「ババドック」

怪奇現象

追い詰められた人間の怖さ

そもそもババドックは実在するのか?

見えないからこそ伝わってくる怖さがある

少し珍しいホラー映画だった。

しかしそれ以上に

親子の絆には感動させられた。

周囲との軋轢やババドックの脅威を乗り越え

幸せそうに微笑む2人の姿には泣いてしまったな・・・

ただ怖いだけではなく

家族の愛を鮮明に描いた良作なので

気になる人はぜひ鑑賞して欲しい。

それでは今回はここまでにします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.