マーベル映画ブレイド2【感想・ネタバレ】進化を遂げ闘いは新たなるステージへ

2018/12/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは

今日も気になった映画を

スタイリッシュに紹介していくよ。

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1" icon=”hanashiteiru.jpg” name=””] スタイリッシュ・・・? [/[/speech_bubble]p> 

今回紹介する映画は

ウィズリー・スナイプス主演のヴァンパイア映画の続編

「ブレイド2」だよ。

[s[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1" icon=”hanashiteiru.jpg” name=””]れ続編あったのか! [/sp[/speech_bubble] 




予告編

あらすじ

フロストとの闘いから1年

変わらずヴァンパイアを狩り続けるブレイドの元に

宿敵ヴァンパイア、ダマスキノスの使いがやってきた。

 

だが彼らは休戦を申し出て

さらに手を組み戦う事を提案した。

突如この世界に現れた

ヴァンパイアと人間両方を喰らう

恐るべき敵「リーパーズ」を倒すために・・・

 

ストーリー評価

ストーリーは前回よりも

しっかり作り込まれているように感じた。

 

敵であるヴァンパイアとの共闘

恐るべき敵リーパーズの秘密など

見てて目が離せない展開の連続で

2時間があっという間に感じるくらいの面白さだったよ。

[spe[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1" icon=”hanashiteiru.jpg” name=””]との共闘は胸熱展開だからな [/spee[/speech_bubble]

そうなんだ。

かつての敵との共闘

ブレイド、ヴァンパイア、リーパーズ3大勢力の三つ巴戦

このように今作はとにかく熱い展開が多い。

 

やはり続編なだけあって

気合いの入れ方が違うね。

 

キャラクター評価

今作はヒューマンドラマにも力を入れており

ブレイドの新たな相棒「スカッド」と「ウィスパー」の衝突と和解

さらにダマスキノスの娘「ニッサ」と「ブレイド」の関係など

登場人物の内面を深く掘り下げており

前回とは違ったブレイドを楽しむ事が出来る。

 

そしてその掘り下げは今作の敵「リーパーズ」も

同様である。

 

実は「リーパーズ」は「ダマスキノス」に作られた実験体であり

「ノーマック」はその復讐の為に

たった1人でダマスキノスの居城に飛び込んで戦っていくんだ。

 

血を貪るだけの薄っぺらい敵ではなく

このようにノーマックにもストーリーを持たせた所は良かったな・・・。

 

妙な・・・感じだ・・・痛みが・・・消えた

これはブレイドに心臓を剣で刺された際に

ノーマックが言い放った一言だ。

 

リーパーズの肉体は死んでも血を欲するほど

乾きに飢えている。

つまりノーマックは常に苦しみながら生きているのだ。

 

しかし心臓を刺され殺された事で

ノーマックは呪縛から解放され、

ついに安らかに眠る事を許された。

 

苦しみから解放されたノーマックにとっては

刺された痛みさえ安らぎのように感じたのだろう。

そんな意図を汲み取れる一言だった。

 

やはりこれぐらいキャラに深みがないと

ラスボスの闘いというよりは

逃した敵の後処理になってしまい

いまいち盛り上がらない闘いになるからね。

 

[speec[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1" icon=”hanashiteiru.jpg” name=””]みに実験体になったのはノーマックだけ。他の連中は彼から感染してリーパーズになっただけらしいよ。 [/speech[/speech_bubble]p>

評価

 

オススメ度★★★★☆

 

見所

今作の見所は何と言ってもアクションだ。

前回と同様キレッキレのアクションシーンに加え

今回はCGを使用した

アクロバティックな戦闘も盛り込まれているので

見応え満点だ。

 

特にラストバトルのブレイドVSノーマックの闘いは

本当に良く出来ておりブレイド屈指の名シーンと言っても過言ではない。

 

ヴァンパイア好きなら是非1度見て欲しい内容だと思うね。

 

それでは今回はここまでにします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.