映画アックスジャイアント【感想】進撃の巨人を水で薄めたような映画だった

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは

今回は森に潜む巨人の脅威を描いた映画

「アックスジャイアント」を紹介していきます。

「アックスジャイアント 映画」の画像検索結果

出典元:Amazon

 




あらすじ

厚生プログラムの一環として

山奥でキャンプで少年少女は教官から指導を受ける事に。

しかしその森には巨大な大男が潜んでおり・・・

 

感想

キャッチフレーズ

劇中のタイトルフォント

安っぽいCG

典型的なB級映画だったな・・・

 

最近、名作映画ばかり紹介してきたので

たまにはこうした頭空っぽにして楽しめる映画も良いかなー

と思って鑑賞したんだけど・・・

 

簡単に内容をネタバレすると

先天性の病気で巨大化したおっさんが

相棒の牛の墓を荒らした

キャンプメンバーに襲いかかるだけなんだ・・・

 

本当にこれだけ。

時間が無いけど内容が気になる・・・って人は

上記の3行読めば十分だと思う。

 

他にも相棒の牛を殺した人間達に復讐した為

坑道に閉じ込めて爆弾で生き埋めにしたとか、

 

だけど実は生きてて、ずっと森に住んでいるなんて

設定もあったけど、

正直どうでもいい話ばっかり。

 

あとは巨人と人間がひたすら

追いかけっこしてるだけ・・・。

 

一番意味不明だったのは

山に昔から住んでいた

少し変わったじいさんかな。

 

最初はちょっとおかしいだけで

面白い人だと思ってたら

 

突然シリアスになって

「奴はまだ子供なんだ」

とか言って巨人を守り始めたし・・・

 

何でもこのじいさんが言うには

巨人は病気の影響で

心は永遠に成長出来ない子供らしい。

 

いや・・・

いくら心が子供だからって言っても

何人も人殺しまくってるし・・・

 

挙げ句の果てに

巨人が街の人々に殺されるのを恐れて

猟銃でキャンプメンバーを撃ち殺してしまう始末。

 

このじいさんだけは

本当に見ててイライラしてた。

 

良かった点

でもこの映画安っぽいCG使ってる割には

巨人の見せ方は結構うまかったんだよね。

 

小屋を壊したり

斧で人が切られるシーンも

結構見応えあったし・・・

 

一昔前の怪獣特撮(ウルトラマンとか)と言えば

分かりやすいだろうか?

大体あんな感じだ。

 

安いCGでも

頑張ってそれらしく見せようという

制作陣の努力は伝わってくる映画だったな。

 

評価

「アックスジャイアント 映画」の画像検索結果

オススメ度:★★☆☆☆

 

総評

暇をもて余したり

B級映画に飢えた人間なら

そこそこ楽しめるかもしれない。

 

だがストーリー性は皆無で

CGも安っぽい。

登場人物も大して印象に残らないので

一般人には決してオススメ出来ない映画だ。

 

鑑賞する時はそれなりの

覚悟が必要かもしれない・・・

 

それでは今回はここまでにします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2018 All Rights Reserved.