ラストエクソシズム2【ネタバレ】悪魔アバラムとは?物語のラストはバッドエンド?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんこんにちは
今回はあの「ラストエクソシズム」の続編
「ラストエクソシズム2-悪魔の寵愛-」を紹介します。




あらすじ

前回の作品で悪魔に取り憑かれた少女ネルが
記憶喪失の状態で発見された。
その後は医者のはからにより
療養施設に入院する事になるのだが・・・

評価

ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛 [DVD]
出典元:Amazon

オススメ度:★☆☆☆☆

ビックリするほどつまらない。

簡単にまとめると
悪魔「アバラム」が前作の主人公「ネル」を手に入れる為に
ひたすら嫌がらレベルの
ストーカー行為を繰り返すだけの映画。

本当にこれだけ。
ネルに好意を寄せる青年を自殺に追いやられたり
無視されるのが嫌で
ひたすら悪魔に超能力かけまくられるネル。

このように脚本の中身がスッカスカだから
大音量で驚かせて何とか
誤魔化し続ける演出。

正直最初の1時間は
スキップしても
問題なく内容を理解出来るくらい
無意味な脚本だった。

さらに前回登場したカルト集団や牧師は一切登場しない。
まぁ2作目から見始めた人でも問題なく
鑑賞出来るという意味ではいいかもしれないけど・・・

でもやっぱり前作で登場した
ネルの子供やカルト教団の設定も
物語に絡ませて欲しかったかな・・・。

ラストも続編への繋ぎなのか
投げやりだったのか分からないけど、
とにかく適当な終わらせ方。

人間に救いの手を差しのべる集団
「道しるべの会」が彼女の中にいる悪魔を
追い払おうとするが結果惨敗。

最後はネルがアバラムを受け入れて
この世に降誕する事となって
エンディングへ・・・。

結局この作品は何がしたかったのだろう?

「前回が売れたからとりあえず作っておこう」
という制作者側の意図がよく伝わってくる
作品だった。

良い点を上げるとしたら悪魔「アバラム」がネルに恋をする
という斬新な設定ぐらいかな。

うん・・・
あれだけは良かった。

アバラムってどんな悪魔?

「アバラム」とはソロモン72柱の9柱「ペイモン(パイモン)」に従属する
悪魔の1人だ。

どちらかと言えば
ペイモンを登場させた方が
映画としても盛り上がりそうなのだが
なぜわざわざ従者の方を選んだのだろうか?

特徴としては
前作で説明していたように

純粋な人間の肉体を好み
蛇のように人間の魂に絡みつくらしい。

ちなみにアバラムの主「ペイモン」は
女性の愛を得るための魔術の中で
アスタロトやベリアルと共に呼びかけの対象として
名前が挙がっているそうだ。

アバラムがネルを愛するという脚本は
この設定からきているのかもしれない。

この記事を書いている人 - WRITER -







関連記事 - Related Posts -

Copyright© 好きな事をのんびりと , 2019 All Rights Reserved.